こんな悩みにお答えします!

  • 売上目標、投資コスト等をしっかり計画しながら、収益の柱となる新たな事業を立ち上げたい!
  • 従業員の思いも含めた企業再生計画(事業DD・財務DD含む)を作りたい!
  • 経営改善・補助金の計画・申請書を作りたいが、書く内容も検討事項も多くたいへん!

企業再生・経営改善を成功に導くカギは?

事業計画策定の成功のカギは、経営者の意志だけでなく、管理職の意見や、従業員・現場の意見をしっかり取り入れていくことであります。

弊社では、事業計画が「絵に描いた餅」ではなく「生きた計画」となるよう、「会社一丸」で動ける事業計画策定・プロジェクト遂行をサポートします。

経営改善・企業再生を成功に導く“問題解決ファシリテーション”プロセス

弊社サポートの特徴

PDCAサイクル(Plan→Do→Check→Action)を月次、隔週等の周期で繰り返す「プロジェクト型会議サポート」により、成果を確実なものにします。

適切なKPI(Key Performance Indicator:目標管理指標)を設定することで、会社が一丸で取り組める環境を生み出します。

ITとクラウドサービスを活用して、KPIの社内情報共有、事業計画の「見える化」を促進します。

 企業再生計画の具体的な成果物の例

※成果物の内容は、案件の内容に応じて変更があります。

事業調査報告書(事業デューデリジェンス報告書)

  • 対象企業様の外部環境分析(同業他社との財務比較、市場分析他)
  •  対象企業様の内部環境分析(過去10年間の損益計算書推移分析)
  • 窮境の原因と除去可能性・再生計画立案上の課題

財務調査報告書(財務デューデリジェンス報告書)

  • 実質的な純資産額の算定(修正貸借対照表)
  • 債務償還年数、過剰債務額の算定
  • 過去10年間の貸借対照表推移分析
  • 過去3年間のキャッシュフローの状況
  • 勘定科目別明細内訳と修正額の算出
  • 担保の状況(資産別・金融機関別)
  • 保全額の状況

企業再生計画書

  • 3年以内に取り組む改善事項
  • 長期的に取り組む改善事項
  • 予想貸借対照表、予想損益計算書、予想キャッシュフロー計算書、実質純資産の推移、予想タックスプラン
  • 勘定科目別損益計画、設備投資計画
  • 金融機関様への依頼事項