「IT予算としてどの程度かけるのが妥当なのでしょうか」という問合せをよくお聞きします。参考になる指標として、一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)より『企業IT動向調査2016』が発表されました。

調査結果によると、「売上高に対するIT予算比率」は、2014年度が1.11%、2015年度が1.21%で微増傾向にあります。
また、業界により差が大きいことも分かっています。金融業界のIT予算比率が7.82%と高く、逆に建設・土木の比率は0.49%でした。

一般的にIT投資額は、日本では「売上高の1%」と言われています。欧米では「売上高の3.6%」というデータもあります。
企業の戦略のよってIT投資比率には自ずと差が発生しますが、このようなデータも参考にしてみていただけると幸いです。

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)のサイトはこちらをご覧ください。